作業内容に沿ったビジネスチャットを選ぼう|機能の比較が大切

記事一覧

面接採用の効率化

テレビ電話

一度で多くの人が確認可能

動画面接は、遠隔地で会場に足を運べない人でもリアルタイムに面接できるというメリットがあります。企業側からすれば、世界中からより広く優秀な人材を集めることができるというメリットがあります。また、より多くの面接官が場所を変えずに、1人の受験者に対応できるところもメリットです。よって、面接のスピード化や書類以上に相手をよく知る手段として活用できます。実際の活用状況動画面接は、1次面接など特に人数が多い場合に活用されます。それは、実際の面接と比べると、面接官と受験者が相対していないことから、実際の面接の緊張感や受験者の話し方、雰囲気などを全て確実に伝えきることは難しいからです。しかし、これまで動画面接が浸透していない時代では、書類でしか選考できなかっため、真に優秀な人材が落選してしまうという事態も実際にありました。書類のみでは、その人の一部分しか判断できないからです。動画面接サービスには、様々なサイトがあります。一度の面接で複数人が動画を確認できるものや、面接と併せてweb上で筆記試験や論文試験を入力できるサイトも存在します。これらは、有料のサービスもありますが無料のサイトも多く、これにより多くの人を素早く確認することができ、採用の効率化が実現できます。サイトにユーザー登録するだけで利用が可能なので、会社で利用することにより事務処理の大幅な削減に繋がります。なので、是非導入を検討してみると良いでしょう。