作業内容に沿ったビジネスチャットを選ぼう|機能の比較が大切

記事一覧

どの場所にいても確実に

PC

ここが大事

多くの人が働く会社において、地震や災害の際の安否確認は、迅速に行える事がとても重要です。そして、海に囲まれている上地震の多い日本にとって、安否確認システムの導入は不可欠です。ここでは、安否確認システムを初めて導入する会社の担当者の為に、大事なポイントを説明したいと思います。安否確認は、電話やメール、インターネット上の掲示板を使って行われます。特に、メールが最も多く利用されております。災害が発生した時は、安否確認システムから自動で災害速報連絡が発信されます。その連絡を受け取った社員は、安否確認の返信を行います。あるいは、安否確認情報を扱う掲示板に入力を行います。入力の仕方は、簡単な手順で行えるようになっております。このシステムを導入する際、定期的なテストを行うスキームを作っておくことをお勧めします。災害は、頻繁に発生するわけではありません。いくら使いやすいシステムとはいっても、いざ使おうとする時に手間取ってしまってはいけません。テストを行う頻度は、2〜3か月毎に行うと良いでしょう。また、システム自体の点検を行う事も重要です。これは、安否確認システムを提供している業者と保守契約を行っておけば問題ありません。安否確認システムには、導入時の初期費用と月単位の利用料金が発生します。利用料金は社員一人当たりで決まっている場合が多いです。利用人数に応じて割引サービスのあるタイプもありますので、必ず複数のシステムを見て比べるようにしましょう。